プチ整形で簡単に綺麗な自分へ|自信を持つ為の魔法

整形前のマーカー

まぶたのプチ整形

図面

プチ整形と一口に言っても、実にさまざまな種類があります。プチ整形を定義するなら「メスを使わない美容整形」となるので、それに該当するものであれば、どれもプチ整形と呼ぶことができるからです。主に顔に関するものが多いですが、それ以外にもプチ整形はあります。
そんなプチ整形のなかでも、代表的なものはまぶたに関するプチ整形です。日本では一重まぶたよりも二重まぶたのほうが美しいとされており、一重まぶたに悩んでいる女性であれば、手術によって二重まぶたにしたいと考えることもあるでしょう。以前であれば、二重まぶたにするにもきちんとした手術が必要でしたが、現在はプチ整形により手軽に二重まぶたにすることができます。

二重まぶたにすることを可能にするプチ整形とは、「埋没法」のことです。埋没法では、針と糸を用い、まぶたと近くの筋肉を結びつけます。こうやってまぶたを吊り上げるので、二重まぶたにすることが可能なのです。
針と糸を使って縫い合わせるため、メスを使用しません。さりげない手術が可能なので、たとえまぶたを閉じていたとしても、糸は非常に目立ちにくくなっています。そのため、埋没法を使って二重まぶたにしても周りに手術をしたことが気づかれにくいといえます。人によっては二重に気づかず、「前よりきれいになった」程度にしか思わないかもしれません。

針と糸しか使用しないので、埋没法の手術はすぐに終わります。そのためその日のうちに帰宅することができ、ダウンタイムもほとんどありません。
ただ、数年で糸がほどけてしまう可能性があるため、その場合は医師に再度相談に行きましょう。目が腫れぼったい人はほどけやすいと言われているので、その場合は埋没法を試す前に医師と相談することが大切です。